2021年最新バッドエンド映画を→→見に行く

Amazonプライム会員じゃないのに勝手に500円の請求がきた|原因と対応策を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人

Amazonプライム会費500円が引き落としされている!

登録した覚えがないのにどうしてかな?返金される?

大手通販サイト『Amazon』から身に覚えのない料金500円が勝手に引き落としされていた!

実は500円は、Amazonプライム会員の月額料金なんです。

登録した記憶がないのになんで請求されるの?と不安になりますよね。

そんな時、どうしたらいいかをサクっと解決します。

本記事ではAmazonプライム会費500円の請求が来た時に考えられる原因と、解決策を解説します。

タップできる目次

Amazonプライム会員の500円の請求がきたときに考えられる理由は?

前提として、何もせず勝手にAmazonプライムに会員登録されることはありません。

Amazonでのお買い物中に、気づかないうちにAmazonプライム会員の無料体験を申し込んでいることが考えられます。

Amazonでの商品購入時に配送オプションを選ぶ画面があります。

その際【お急ぎ便が無料に】をクリックすると、プライム会員の申し込みが完了してそのまま30日間の無料体験が始まります。

ゆき

ワンクリックでプライム会員になっちゃうんです。分かりづらいんですよね。

30日間の無料体験が終わると自動的にAmazonプライム会員は継続されるので、月々500円の請求が始まります。

そのため、利用から約一か月後に『この500円の請求はなんだ?!』となるわけです。

Amazonプライム会員になっているか確認する方法

TOPページにアクセスすればAmazonプライム会員かどうかカンタンに分かります。

Amazonプライム会員 500円が勝手に
”prime”の表示があればプライム会員

左上のロゴの部分に【prime】のロゴが入っていればプライム会員です。

ゆき

使ってもいないのに会員費を取られるのは悔しいですよね!
実は500円は返金の請求ができる場合もあるんです。

勝手に引き落とされた500円を返金してもらう方法

返金の条件
→返金該当月に1度もプライム特典を利用していないこと

特典を利用されていない有料会員の方は、現在の会員期間中の会費の全額返金を受けられます。この返金は、2~3営業日以内に処理されます。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービスページより

Amazonプライム会員特典を一度も利用していなければ、解約と同時に2~3営業日以内に返金処理が行われます。

ご自身が返金される対象なのか、解約前に確かめる方法はありません。

Amazonプライム会員を解約する方法

それでは、Amazonプライム会員を解約する方法を順を追って説明します。

STEP
AmazonTOPページへアクセス

こちらから飛べます

AmazonTOPページへ

STEP
アカウント&リストから【アカウントサービス】を選ぶ
STEP
【プライム】を選択し、管理画面の【プライム会員情報】をクリック

【プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める】のボタンをクリックします。

STEP
【特典と会員資格を終了する】をクリック
STEP
【会員資格を終了する】をクリック
STEP
終了。お疲れ様でした!

『Amazonプライム会員ではありません』と表示されたらどうしたらいい?

まれに『Amazonプライム会員ではありません』と表示されているのに料金を請求されることもあるようです。

プライム会員ではないと表示されてしまったらマイページからの解約はできないので、電話やチャットを活用しましょう。

お問合せのページから、電話やチャットで解約の手続きを行えます。

まとめ|勝手にAmazonプライム会員になっていても焦らず対応しよう

  • 500円はAmazonプライム会員の会費
  • 身に覚えのない会員登録は、Amazonでの買い物時に行われていた可能性がある
  • 解約はカンタン。プライム特典を使っていなければ会費は返金される

プライム会員はAmazonでの買い物の際に登録していたことが考えられます。

しかし、解約は1分あればカンタンに行えるほか、特典を利用していなければ返金もされます。

解約後しばらくたつと、無料体験を再び行える可能性もあるので楽しみにしていましょう。

いいねと思ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる